水素水で腎臓病対策
H4Oの水素水

猫・ネコの慢性腎不全とは

腎臓は体の中で不必要な老廃物をろ過して尿と一緒に排出したり、体に有益な物質をよりわけその量を調節して体に戻したり、体内の水分量も調節します。しかし、様々な原因により、徐々に腎臓が働かなくなってしまうのが慢性腎不全です。

慢性腎不全になれば、それらの機能が極端に低下し、老廃物がろ過できなくなりオシッコと一緒に排出できなくなります。それが尿毒素となって体内にあふれ出て、血中を循環し、吐き気、食欲不振、口内潰瘍を起こしたり、下痢が止まらなくなったりし、さらにひどくなれば、尿毒素が脳を侵します。そのような症状が現れれば、人間なら、一生涯、人工透析を続けるか、腎移植を受ける以外に延命の手段はありません。猫(ネコ)や犬(イヌ)の場合、そのような延命手段をとられることはありませんが、今では点滴やタンパク質を抑えた食事療法、体の毒素を取る薬で進行を遅らせることができます。

しかし、腎不全とは、3/4以上の腎機能が失われた状態ですが、腎臓が1/3しか稼働していなくても、あまり猫(ネコ)に症状が現れないことの方が多いようです。

<猫・ネコの腎不全の初期症状>

  • お水をたくさん飲む
  • オシッコに行く回数が増えた
  • 吐くことがよくある
  • 最近食欲がなく、痩せてきた
  • ネコのオシッコがあまり臭くなくなった
  • 口が臭い
  • うんちが固くなる

慢性腎不全の治療のポイント

慢性腎不全の初期の段階で、いかに早く腎機能の低下を発見するかがポイントですが、腎臓は意外に丈夫で、症状が出るのは、腎臓が悪くなってから相当の期間がたっているのが普通です。

ですから、まだ若くても、普段より水をよく飲みだしたり、よくオシッコをしだしたり(多飲多尿)、猫・ネコのオシッコがあまり臭くなくなったりしたら、腎臓病を疑って検査を受けることが大切です。 やがて症状が悪化すると、血尿や、タンパクが出たりします。

早期発見・早期治療のため3,4歳からの定期尿検査が必須

症状が軽いなら、尿毒素を減らすために低タンパク質・低塩分のエサを与える食餌療法を続けるか、利尿剤で、低下した腎機能の補助をします。
腎機能が低下すると、尿毒素だけでなく、余分な水分を排泄できず血圧が上がり、血圧の上昇により、さらに腎臓に負担がかかり、悪循環を起こします。そのために、抗高血圧剤を与えることもあります。
さらに症状が悪くなれば、経口炭素吸着剤を飲ませて、消化器官内で尿毒素を吸着させ、便とともに排出させる治療法もあります。

しかしそれらは、あくまで症状緩和のための治療で、完治するわけではなく、時間の経過とともに症状が悪化してしまいます。慢性腎不全では、いかにその進行を遅らせるかが生存期間を延ばす大きなポイントとなります。ですから、3,4歳ぐらいから、年に1〜2回、定期的に尿検査を受け、初期の段階で治療をはじめることが大切です。

また一般的な予防策としては、「小さいときからマグネシウムなどをあまり含まないエサを与える」「塩分の多いエサを与えない」「定期的にワクチン接種を行って、ウイルス感染の機会を減らす」など、膀胱結石、尿路結石を防ぐために、健康維持のための生活管理を行うことが必要です。

また、慢性腎不全は、猫・ネコだけでなく、犬・イヌにとっても多い病気です。
しかし、腎臓に関しては、猫・ネコのほうが犬・イヌより丈夫です。猫・ネコはもともと、砂漠で野生生活をしていたために、保水機能が高く、老廃物や有害物質を濃縮して、排泄する機能に優れているのです。その分、無理がたたり、飼い主が気づいたときは、手遅れとなりがちです。

慢性腎不全は、長期の腎臓病を患った結果生じます。 そして慢性腎不全になると、悪化した腎臓の機能はもとに戻ることはありません。 慢性腎不全は進行性の病気で、治療にもかかわらず一般的には悪化します。 ですから治療しなければ即、死につながってしまうのです。

いずれにせよ、猫・ネコも犬・イヌも人間に比べれば、寿命がかなり短く、人間にとってわずかな期間で年をとります。その分、慢性疾患も人間よりずっと速く症状が悪化するのです。3,4歳のまだ若くて元気なうちから健康管理、定期検査を怠らないことが大切です。

H4O水素水と腎不全

H4O水素水がフジテレビで紹介されてから、その効果が急速に認知され、動物病院でもその効果が実証され始めてきました。その中でもH4O社は水素水の開発の先駆者として、業界をリード、H4O社としても様々な臨床データを集め、水素水の効果について日夜研究しております。

水素水はインチキだとか胡散臭いとおっしゃる方もいますが、医学会や動物医師会等もその効果を認め始めており、まだまだこれからの研究が期待されているものです。実際、水素がどのように身体に作用して、何に効果があるのかということはまだまだデータ不足ではっきりとしたことはいえませんが、日本医科大学の太田教授の研究が新聞でも掲載されているようにその水素水の効能が認められ始めました。
そして、動物医学の分野では真っ先に様々な動物病院で水素水が採用され、実際に治療に使われておりますし、ヒト医学の分野でも、ハイドロバスというH4O社の水素風呂を病院に設置するところも出てきました。

H4O水素水紹介映像

H4O水素水テレビ放映

H4Oの水素水はTVでも紹介されました。クリックしてご覧ください。
猫腎不全
水素水の評判
H4O水素水の特徴
  • H4Oの水素水は、還元電位-600mvの酸化還元力に優れた水素水。ミネラルウォーターの約150万倍の水素を含有し、その還元力はトップクラスです。
  • 水素水に使用する水は軟水を使用。電気分解しない中性の水のため非常に飲みやすく大切なペットにも安心してご利用いただけます。
  • 水素水の容器は4層のアルミパウチで、真空充填。それにより空気や紫外線の侵入を防ぎ高い水素含有量を保持しています。
  • 大学や研究機関等で様々な臨床データを集めることで、動物医師会でも認められ、現場の動物病院でも採用、その効果が実証されつつあります。

ポイント還元付きでご購入いただけます。

H4O水素水のペット用商品
H4O ペット
H4O PET 水素水
60本入りネット価格15,750円でのご提供です。
H4O水素水ペット用

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2012 水素水ドットネット All Rights Reserved.

[PR] H4O水素水のその他購入は ⇒水素水ドットネット3号店 水素水の効果、H4Oの紹介は ⇒水素水の効果 ⇒H4O水素水の紹介